11070766_881029791962317_1700520344399645805_n
2015年5月17日(日) 時間10:30キックオフ 会場:彦根陸上

TEAM 1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
アグレッサーズ 3 0 0 6 9
ブートレッグス 0 6 0 8 14

序盤はお互いディフェンスが好調。
ランをメインに攻めるが、大きなゲインがないまま攻防が続く
残り3分でブートレッグス自陣20ヤード付近でランニングプレーでボールをこぼしてしまう。
これをアグレッサーズが確保して好位置の攻撃権を得る。

すかさずパスを投じ、これを#99藤原選手が、一度は相手CBに奪われたかに見えたが、これを奪い返しキャッチ成功。
ゴール前5ヤードまで迫る。

ここで2連続のランプレで-中央をこじ開けようとするが、ブートレッグスの前線がこれを死守。

3プレー目はフェイクパスを選択するも、ブートレッグスのDB陣がしっかりカバーしてタッチダウンを許さない。

4thダウンとなりフィールドゴールを選択。これを成功させ先制に成功。
3-0とする。

第2クオータに入り、ブートレッグスが攻勢を見せる。
QB#6の自らのランから始まり、#11RBのランにより大きくゲイン。
ゴール前18ヤードに迫ったところで、中央よりにセットしていた#1WR玉井へ
の縦へのパスが通りタッチダウン。
PATは外したが、3-6と逆転する。

その後はお互いのディフェンスが素晴らしい守りを見せる。
アグレッサーズは#28DB関根が、ブートレッグスは#21がインターセプトを決め、
オフェンスのゲインを許さない展開が続き、3-6のまま前半を終了した。

[後半]
アグレッサーズの#15河谷のキックオフはエンドゾーンに転がりタッチバック。

試合開始早々、アグレッサーズ#11DB一色のインターセプトを決めて
流れを引き込むかに見えたが、その後のアグレッサーズのオフェンスが
振るわずパントを選択。

これをアグレッサーズのパンターがボールをジャックルしてしまい、
なんとか蹴りこむも#51がブロックし、敵陣48ヤードからのオフェンスを獲得。

#1への縦へのパス、#8のカールコースのパスでゴール前15ヤードまで迫ると、プレーアクションパスを選択。
#1がDBの裏に回り込むポストコースによりにより、今日2本目のタッチダウンを決める。
PATは2ポイントをオープンに流れるランプレーにより成功させ3-14とリードを広げる。

第4クオーターに入り、ブートレッグスは順調にパスを通し、ゴール前15ヤードまで進めるが、最後はギャンブルプレーによるパスをアグレッサーズディフェンス陣がしっかりカバーして無得点に終わる。

アグレサーズは自陣深くからの攻撃を強いられるが#15WR河谷へのパスや#11QB一色のランなどで挽回を図る。
試合時間残り30秒を切ったところで#99WR藤原がサイドライン際のパスをキャッチ。
ゴール前15ヤード、残り時間3秒というところで#QB一色が投じたパスを#28WR関根がキャッチ。
最後に意地を見せた。
【JPFFよりレポート引用】